忍者ブログ
今更ながら2度目の大学試験勉強を合格目指してやっちゃおうなんて人の記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チャート式数学Ⅰ P.32 Ex43


問:
 f(x),g(x)はともにx^3の係数が1である3次の正式で、
 f(x)+g(x)=2x^3+2^2-4x で、最小公倍数が x^4+x^3-11x^2-9x+18
 である。f(x) と g(x) を求めよ。


解答:

 3次式f(x),g(x)の最小公倍数Lが4次式であるから
 最大公約数Gは2次式である。
 f(x)+g(x)=2x(x^2+x-2)=2x(x-1)(x+2) ・・・・①
 Lはxを因数に持たないから、G=(x+2)(x-1)
 L÷G=x^2-9=(x-3)(x+3) から
 f(x) と g(x) は
 (x+3)(x-1)(x+2) と (x-3)(x-1)(x+2)
 これらは①を満たす。
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2018 大学もっかい入学できたらいいな All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]